村田浩道
曹洞宗 長谷院副住職
 
私は、自然豊かな滋賀県高島市の寺院で生まれ育ちました。
子供の頃から自然と遊び、自然から学び、現在は禅寺の副住職と同時に、自然に関わる仕事をしています。
 
生家が禅寺ですから、幼い頃から禅というものが近くにあり、師匠である父からも禅教育を受けて育ちました。
24歳の時に福井県の永平寺に上山し、2年間の修行生活のなかで禅の精神を体得して、生家である禅寺の長谷院に戻りました。
禅の知慧は、全て人々の心を隅々まで照らし、あなたの人生をより良い方向へ導くだけではなく、あなたの大切な全ての人を幸せにすることができます。
 
あなたの人生に、禅の知慧と大自然の持つ力を伝えたいのです。
 
ありがとうございます。